プログラミング

テックアカデミーとマコなり社長が運営するプログラミングスクールの違いは?

テックアカデミーは、有名なオンラインプログラミングスクールです。

一方、マコなり社長が運営するのはテックキャンプという、オンライン+オフラインのプログラミングスクールです。

テックキャンプの中でも、テックキャンプエンジニア転職(旧テックエキスパート)が非常に有名ですね。

名前が似ているので、間違える人もいると思いますが、全く別のスクールです。

それぞれに良し悪しがありますので、比較してみました。

テックアカデミーとテックキャンプエンジニア転職(旧テックエキスパート)の比較表

テックアカデミー

エンジニア転職保証コース

テックキャンプ

エンジニア転職コース(短期)

学習方法 オンラインのみ オンライン+教室
それぞれの強み メンターが現役エンジニア 学習を終わらせれる環境作りに特化
料金 298,000円 598,000円(短期コース)
拠点 どこでも受講可 東京・大阪・名古屋・福岡のみ
期間 12週間 10週間
学習時間 300時間 600時間

テックアカデミーはこんな人におすすめ

●地方に在住で、東京で就職の予定がない方

●予算がなかなか確保できない

●現役のエンジニアにプログラミングを学びたい方

1つ1つ細かく説明していきます!

地方に在住で、東京で就職の予定がない方

地方に在住の場合、テックキャンプの拠点(東京・大阪・名古屋・福岡)には行けない人はテックアカデミーをオススメします。

ただし、就職先は圧倒的に東京が多いです。

どのくらい多いかというと、大阪と比較しても東京の方が5~7倍くらいの就職先があると言われています。

もし、「就職は東京で考えている」という場合は、テックキャンプも視野に入れるべきだと思います。

オンラインのみで完結する魅力はやはりいつでもどこでも勉強ができ、価格が安いということです。

予算がなかなか確保できない方

テックアカデミーの魅力のもう一つはやはり金額です。

テックキャンプの半分くらいの金額で受講できますから、「予算がない」という方にはおすすめです。

また、Windowsしか持っていない人で予算もあまりない場合は特に、テックアカデミーが魅力的ですね。

テックキャンプの場合は、Macbook指定になりますので、購入する余裕はなくWindowsしかない人には魅力的です。

現役のエンジニアにプログラミングを学びたい方

これは確かに魅力的ですね。

就職先を選ぶ際にも実際にエンジニアとして働いている人の意見を参考にできます

テックキャンプにも元エンジニアとかはいますが、基本的に卒業生が多いみたいです。

テックキャンプの場合は教え方に特化しており、「なるべく問題解決を自分でしてもらう」という方針にしています。

なのですぐに答えを教えてくれるということはありません。

あくまでも、卒業してエンジニアとして自走していける人になってもらうことを優先しています。

「どうせ教えてもらうなら、現役エンジニアに教えてもらいたい!」という方には、テックアカデミーをおすすめします。

>>>テックアカデミーを詳しく見てみる

テックキャンプエンジニア転職はこんな人におすすめ

こちらがマコなり社長が運営するプログラミングスクールですね。

テックキャンプエンジニア転職(旧テックエキスパート)は以下のような方におすすめです。

●学習を終わらせる確率の高いスクールに入りたい方

●仲間と一緒に学習していきたい人

●レベルの高いエンジニアになりたい人

これらをまた詳しく説明していきます。

学習を終わらせる確率の高いスクールに入りたい方

「いや、そりゃ学習完了させてエンジニアになりたいよ」って思うかもしれません。

これは、やはり料金と天秤にかけることだと思います。

テックキャンプの場合は、学習完了させるための環境に特化しています

金額高いのも当然なんですよね。

いつでも質問できるように、メンターを常駐させています。

ここで人件費がかかっていますし、何より場所代です。

結構良い立地に、数十人〜数百人くらい入る教室を設けて、「絶対に教室に来てください」というスタンスを貫いています。

なので、必然的に学習完了率も高いのです。

仲間と一緒に学習していきたい人

これ、先ほどの「学習完了率を高める」に繋がっています。

仲間がいた方が、圧倒的に学習完了率も高まります。

これはもう人間の集団生活してきた遺伝子に組み込まれている本能なのです。

「今日も〇〇さんと一緒に勉強できる」

「今日行かなかったら、〇〇と〇〇になんか言われそう」

なんていう意識まで芽生えるのが人間というものです。

一緒の目的を持って一緒の問題に取り組む仲間が、すぐ近くにいるだけでも心強いものです。

テックキャンプエンジニア転職では、コミュニケーションを取らざるを得ない環境をあえて作っています。

卒業する頃には、多くの仲間たちと喜びを分かち合うことになります。

レベルの高いエンジニアになりたい人

比較表をパッと見てわかった人も多いかと思います。

テックアカデミーは学習期間12週間で勉強時間が300時間です。

テックキャンプの場合は学習期間10週間で勉強時間が600時間です。

圧倒的に学習時間がテックキャンプの方が多いのです。

就職する際も、基本的に就職先企業も、それぞれのスクールの学習内容や勉強時間やレベル感は把握しています。

なので、まず最初にいい就職先(有名企業・給料の良い企業)を希望するのであれば、テックキャンプエンジニア転職をオススメします。

>>>テックキャンプエンジニア転職を詳しく見てみる

ABOUT ME
あっきー
こんにちは!当サイトは意識や常識を変えるマニュアルになってます! 有益な情報を得たら発信するように心がけています。 IT企業にいることもあり、エンジニアの人と関わることが多いので、エンジニアという生き方の素晴らしさを伝える内容も多く発信しています。 今の時代、エンジニアは未経験から始めてもフリーランスになれるレベルのスキルを身に着けることは可能です。 転職を考えている人にも参考になるサイトになってます!
RELATED POST