メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGoに学ぶ嫉妬の克服法と恋愛の賞味期限とは??

特に男性は嫉妬しても、

「あんまり嫉妬しているように思われたくない」

「束縛したくない」

という思いから、嫉妬していても表には出さず、耐えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際彼女が男友達が多かったり、他の男性と仲良く笑っているところを見ると嫉妬してしまうのが本当のところだと思います。

【メンタリストDaiGoに学ぶ】嫉妬したくないけど嫉妬してしまうあなたに提案する克服法!

※こちらの記事はメンタリストDaiGoさんのニコニコ動画チャンネル「心理分析してみた!」の「ウィスコンシン大学が行った嫉妬の実験と意外な結果を解説」を参考にしております。

ウィスコンシン大学の男女の友人関係に関する実験

友人として約2年ほど(平均して)の付き合いがある男女88組に秘密を大前提して、

「もう一人の異性の友人に対してどれくらい魅力を感じているのか」

「その異性は自分に対して惹かれていると思うか」

ということを質問していました。

結果・・・

女性よりも男性の方が、友人の異性を「異性」として意識していることがわかりました。「自分のことが気になっている」と感じているのも男性の方が多かったのです。

逆に、女性の方は、もう一人の男性を異性として見ている人は少なく、相手の男性も「私を異性として見ていないだろう」と思っている人が多かったのです。

つまり、女性は男友達を恋愛対象として見る確率は低く、友情と恋愛は完全に別物として考えている傾向があったのです。

この実験からも言えることは

男女関係を壊して、恋愛に発展させるのは圧倒的に「男性から」が多いということです。

ということは、男性から「この子は友人としてではなく、異性としての仲になりたい」と思っている可能性が高いです。

もし、彼女の周りにそんな男性がいたら嫌ですよね。危険要因です。

例えば、付き合っている彼女の口から「この前〇〇君が~」とよく出てくる名前があれば、「その人に今度あってみたいなぁ」と言って、実際に会ってみましょう。

そこで、二人の関係性が良いことをその男友達に見せつけるのです。

そうすることにより、その男友達が彼女を異性として狙う確率がグッと低くなります。

また、嫉妬心は相手(彼女・彼氏)への共感能力が低くなる原因にもなり、二人の仲を悪くしてしまう可能性があるので、嫉妬はなるべく感じない方が良いのです。

2人のうちどちらかが強い嫉妬心を抱くと、それだけで破局の確率が高まるのです。

そもそも嫉妬心はどうして生まれるのか?

嫉妬心が生まれる原因は、「自分の自身のなさ」です。

彼女が仲良くしている男友達がとってもかっこよくて、お金持ちで、仕事もできたら嫉妬心を抱きやすいですよね。

では、どうするのが重要か。「相手にとって理想の彼氏像に近づく努力をしましょう」

そもそも、女性が理想にする彼氏像に、「異性と仲良くすると怒る人」なんてないですよね。

そして、嫉妬を逆手に取って、自分磨きをするきっかけに変えましょう。

そうすると、自分に自信を持てるようになり、「彼女にとって自分は必要な存在だ」と思えるようになると嫉妬心は消えていきます。

どうしても心配になってしまう時の対処法

そんなこと言っても、簡単に自信はつかない!特効薬的なものはないのか!と思う方もいるかと思います。

そんな方は、「君のことは信頼してる!でも、大切だからこそ男友達と2人で会うのは正直心配なんだ」と思っていることを、しっかり伝えましょう。

言葉で伝えることによって、彼女もあなたのことを「大切な人」と再認識します。

これでお互いの信頼関係が上がっていけば男友達のことも心配ではなくなっていきます。

【知っておきたい】恋愛の賞味期限は〇年だった!

※この記事はメンタリストDaiGoさんのニコニコ動画チャンネル「心理分析してみた!」の「マンネリを感じる理由と別れ話のコツを解説」を参考にしております。

長く同じ人と付き合っていると、「最近マンネリ化してるなぁ~」ってなることが多くなってきてませんか?

有名な話かもしれませんが、恋の賞味期限は3年というのが、科学的に証明されているのです。

付き合いたての頃って本当に幸せですよねぇ。あの幸せは付き合いたての頃に出る脳内物質「フェネチルアミン」が分泌されているからなのです。

これが分泌されるのが付き合ってから約3年間なのです。

  • 「いっしょにいるのがしんどい」
  • 「他に気になる人が出てきた」
  • 「情だけで付き合っている気がする」
  • 「性的な魅力を感じなくなってきた」

そんな感じになってきたら、別れるのが良い可能性もあります。

「マンネリ化はしているのはわかっているけど別れたくない」という人は、彼女には申し訳ないですが、1度他の異性と2人で会ってみてもよいと思います。

そこで、「やっぱり彼女が良い」となるかもしれませんし、「彼女以外の女性と付き合ってみたい」となるかもしれません。

で、別れよう!と思ったときに出てくるのは「相手をできるだけ傷つけたくない」という想いです。

全く傷つけないのは正直不可能です。

彼女には、これまでの感謝の気持ちを伝え、きっぱりと別れましょう。

実は、自分がマンネリ化を感じている場合相手も同様にマンネリ化を感じていることが多いです。

また、女性は過去の恋愛を忘れやすいので、長期間ダメージを受けることは少ないです。

退屈な関係をずっと続けるよりも、もし気になる人がいたらその人と付き合うことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、あなたが「あの人のこと、ちょっと気になるかも」と思った時点で、あなたの恋愛対象に入っています。

その気持ちを理解したうえで、今の彼女と、その気になっている人との今後を想像したらどっちがワクワクしますか?

人生は1度きりです。動かずに後悔することだけは避けましょう!